コントラストが美しい2層の「コーヒーゼリー」 ビターな甘味とプルプルなめらかな食感が絶妙です!

スポンサーリンク
目次

「コーヒーゼリー」のレシピ

見た目のコントラストが美しい2層構造の「コーヒーゼリー」
ビターな甘味とプルプルなめらかな食感で絶妙な美味しさです

「ひみりかスイーツレシピ」のコンセプト

建設エンジニアや調理師の知識・経験を活かして、構造物を設計するみたいに本気で考えたレシピです!

ひみりかスイーツレシピのコンセプト

➊美味しさ・健康・時短・出来栄えの調和を目指す
➋小麦粉をなるべく使わず グルテンフリーを目指す
➌人工甘味料とトランス脂肪酸が含まれる食品を使用しない
➍コツや注意する点を余すところなくお伝えする

材料(150mlカップ 4~5個分)

コーヒーゼリー

  • 濃い目のコーヒー|320~360g
    コーヒー豆とお湯の目安はこちらです。
    豆の種類により抽出量や濃さがことなりますので、お好みで量を調整してください。
    インスタントコーヒーで濃い目に作ってもOKです。
  • 砂糖(てんさい糖)|30g
    上白糖やグラニュー糖でもOKです。
  • ゼラチン|5g
    使いやすい 粉末や顆粒がおススメです。

ミルクゼリー

  • 牛乳|150ml
  • 生クリーム|100ml
    「動物性」で乳脂肪分が35%以上のものを使ってください。
    トランス脂肪酸が含まれる「植物性」は避けましょう。
  • 砂糖(てんさい糖)|10g
  • ゼラチン|5g
    使いやすい 粉末や顆粒がおススメです。

シャンティ(砂糖を加えて泡立てた生クリーム)

  • 生クリーム|100ml(1パック200mlの場合)
    1パック180mlの場合は80mlにしてください。
    分量はだいたいでOKですので、ミルクゼリーに使った残りを全部使用してください。
  • 砂糖(てんさい糖)|10g
    仕上がりをきれいにしたい方は、上白糖やグラニュー糖を使用してください。
  • レモン汁|数滴
created by Rinker
¥473 (2024/06/19 01:43:02時点 楽天市場調べ-詳細)

用意する道具

  • カップ 150mlカップ(満水240ml)なら4~5個
  • ボウル
  • 泡だて器 大と小
  • ハンドミキサー
  • 計量器
  • 温度計
  • 小鍋
  • ゴムベラ

ひみりか家で使っているカップはこちらです👇

コーヒー豆(細挽き)とお湯の量の目安

  • 出来上がりの量(g) = 注ぐ湯量(g)-豆の重さ(g)×2-20g
  • コーヒー豆20g、お湯400gの場合、出来上がりの量は340gくらいです。
  • ひみりか家で愛用している豆は、カルディコーヒーファームの「リッチブレンド」です。
created by Rinker
¥1,999 (2024/06/20 01:08:57時点 楽天市場調べ-詳細)

つくり方(150mlカップ 4~5個分)

コーヒーゼリー

  1. 濃い目のコーヒーを320~360g 淹れる。
    ひみりか家では、深煎りの豆20gを細挽きし、お湯400gで抽出して、340g出来上がります。
    インスタントコーヒーで濃い目に作ってもOKです。
深煎りの豆    細挽き後
  1. ①に、粉ゼラチン5gと、砂糖30gを入れ、よく混ぜる。
    ゼラチンを溶かす温度は 製品により異なりますので、必ず確認してください。
    温度が高すぎると固まらなくなり、低すぎると混ざらなくなりますので、温度計で量ってください。
  1. カップ4~5個に②を、泡が立たないようにゆっくり注ぎ入れる。
    できるだけ均等に各カップへ注いでください。
    計量器で量って、均等に配分するのがおススメです。
  1. ③にラップをかぶせ、粗熱がとれたら冷蔵庫で2時間以上冷やす。

ミルクゼリー

  1. 小鍋に牛乳150mlと生クリーム100mlを入れ、ゼラチンを溶かす温度まで加熱する。
    ゼラチンを溶かす温度は 製品により異なりますので、必ず確認してください。
    温度が高すぎると固まらなくなり、低すぎると混ざらなくなりますので、温度計で量ってください。
  1. ⑤に粉ゼラチン5gと、砂糖10gを入れ、よく混ぜる。
  1. ⑥を漉し器や目が細かいザルなどで2回濾す。
    食感が断然良くなります。
  1. ⑦を常温程度(20~30℃)まで冷ます。
    熱すぎると下のコーヒーゼリーが崩れてしまいます。
  1. ④を冷蔵庫から取り出し、十分固まっているのを確認した後に、⑧を各カップに注ぎ入れる。
    できるだけ均等に各カップへ注いでください。
    計量器で量って、均等に配分するのがおススメです。
  1. ⑨にラップをかぶせて、再び 冷蔵庫で2時間以上冷やす。

シャンティ

  1. 生クリーム100mlに砂糖10gとレモン汁数滴を加え、ハンドミキサーや泡だて器で、7~9分立て(お好みの固さ)にする。
    ボウルを氷水に当てながら泡立ててください。
    泡だて器の方が好みの柔らかさに調節しやすいので、ひみりか家では泡だて器のみにしています。
泡立て前
泡立て後
  1. ⑩を冷蔵庫から取り出し、十分固まっているのを確認した後に、⑪を上にのせたら完成です。
    生クリームは贅沢に全部のせちゃってください。

失敗しないポイント

  • ゼラチンは製品によって 溶かす温度が異なりますので、必ず確認してください。また、ゼラチンが沸騰すると タンパク質が変容して冷やしても固まりにくくなるので、沸騰厳禁です。
  • ミルクゼリーを固まったコーヒーゼリーの上に注ぎ入れる時は、常温程度(20~30℃)まで冷ましてからにしてください。熱いとコーヒゼリーが崩れてしまいます。
  • ミルクゼリーはゼラチンのダマが残りやすいので、食感を良くするために なるべく濾してください。
  • シャンティを作る際の生クリームの泡立ては、次のⅠ~Ⅳを行うと、うまくいきやすいです。
    Ⅰ 生クリームをよく冷やす
    Ⅱ 開封前に軽く振る
    Ⅲ レモン汁を入れる
    Ⅳ 泡立て中にボウルを氷水に当てる
スポンサーリンク

ひみりか家の「コーヒーゼリー」

ひみりか家は家族4人ですが、プリンみたいにカップで作るレシピは たいてい5カップ作ります。
各カップ 均等な分量で見栄え良く作るのはけっこう気を使いますが、1カップ余る状態だと、 それだけ分量や見栄えを犠牲にすることができます。
当然、私が食べちゃいますけどね。

おすすめポイント

ビターな甘味とプルプルなめらかな食感で絶妙な美味しさ

1番下のコーヒーゼリーはプルプルで風味豊なコクと苦みがあり、真ん中のミルクゼリーと1番上のシャンティは甘くて濃厚でなめらかな食感です。
この対照的な食感が組み合わさると、口の中で絶妙な味わいになります。
ぜひ全部の層を1度に食べてほしいです。

こういう層があるのは分解したくなるけど、これは絶対 一緒がいいよ。

みぃ

分解したくなる意味が分からん!

見た目のコントラストが美しい2層構造

断面が真っ黒と真っ白の部分に綺麗に分かれているので、コーヒーゼリーなのに豪華な感じを演出できます。
冷やす時間を抜くと、調理時間は短いので、お手軽にできちゃうのがありがたいです。

断面萌えになるスイーツって手が込んでるイメージだよ。

みぃ

ミルフィーユとか大変そうだよねー
だから、こういう簡単なのは使い勝手いいんだよねー

シャンティをのせて 美味しさとなめらかさが数段アップ

1番上に シャンティ(砂糖を加えて泡立てた生クリーム)をのせると、クリームの濃厚さが増して、さらに美味しくなります。
コーヒー+ミルクゼリーだけでも さっぱりしていて美味しいですが、シャンティがあると 全然違った味わいになるので、両方試してみるのがおススメです。

シャンティがないとコーヒーのビターな苦みが際立って、大人の味になるよねー

みぃ

うちのはかなり濃い目のコーヒーだから、私はシャンティが必須だよ。

工夫したこと

深煎りの豆を細挽きして淹れたコーヒーを使用

生クリームやミルクと合うように、深煎りの豆を細挽きして、エスプレッソのような濃い目のコーヒーにしました。
インスタントコーヒーを濃い目に入れても十分美味しいですが、豆から淹れると、喫茶店で食べるような本格的なコーヒーゼリーになります。

豆から淹れたコーヒーを使うと 香りもコクも断然違うねー
違いの分かる男代表!

みぃ

これだけ違うと 誰でもわかりそうだけど。

生クリームをたっぷり使う

コーヒーのコクや苦みを引き立たせるために、ミルクゼリーやシャンティに生クリームをたっぷり使いました。
ちょうど1パック(180~200ml)を使い切れるので、余る心配もありません。
というか、コーヒーが美味しくなるので、余らせるのはもったいないです。

ミルクゼリーにも生クリームが入ってるんだね。

みぃ

1パック全部泡立てると 重くなりすぎて、ゼリーのさっぱり感がなくなっちゃうからね。

綺麗な2層になる温度管理

ゼラチンは温度が低くないと固まらないので、2層にする場合は、上の層の温度が高すぎると、せっかく固めた下の層も崩れてしまいます。
かといって、上の層の温度が低いとカップに入れる前に固まってしまいます。
なので、上の層の温度管理に気を使いました。

油断してテキトーにやると綺麗な層ができないんだね。

みぃ

でも多少崩れても冷やせば固まるから、わざとやるのもありかもって思ってるよ。

勝手に2層に分かれるコーヒーゼリー

2層にしようとすると2回に分けて冷やす必要があるので、待ち時間が長くなって、少々メンド―に感じます。
そんな時は、コーヒーも生クリームも全部混ぜてしまって、しばらく放置してから冷やす方法が便利です。
放置している間に生クリームが浮いて コーヒーが沈むので、自然に2層になっちゃいます。

下の層は黒ではなくカフェオレ色になります

作り方(150mlカップ4~5個分)

  1. 濃い目のコーヒーを460~500g淹れる。
  2. ①に、粉ゼラチン10gと、砂糖60gを入れ、よく混ぜる。
  3. ②に生クリーム200mlを加え、泡だて器でゆっくりよく混ぜる。
  4. カップ4~5個に③をゆっくり注ぎ入れる。
    各カップの量はできるだけ均等にしてください。
  5. ④を常温でそのまま放置する。
    2時間くらい置くと、上下2層に分かれます。
  6. 2層になったら冷蔵庫で2時間以上冷やして完成です。

確かに2層だけど、カフェオレの2層って感じだね。

みぃ

時間の都合で作り方を使い分けられるのがいいんだよねー



今回は以上でーす。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
目次