超しっとりでなめらか食感の本格「フィナンシェ」がおうちで手軽にできちゃいます!

スポンサーリンク
目次

「フィナンシェ」のレシピ

超しっとりでなめらか食感の「本格フィナンシェ」
焦がしバターなしなので、お手軽にできて たくさん食べられます。

「ひみりかスイーツレシピ」のコンセプト

建設エンジニアや調理師の知識・経験を活かして、構造物を設計するみたいに本気で考えたレシピです!

ひみりかスイーツレシピのコンセプト

➊美味しさ・健康・時短・出来栄えの調和を目指す
➋小麦粉をなるべく使わず グルテンフリーを目指す
➌人工甘味料とトランス脂肪酸が含まれる食品を使用しない
➍コツや注意する点を余すところなくお伝えする

材料(フィナンシェ型12個分)

このレシピで作ったフィナンシェ1個の大きさは、縦85㎜×横35㎜×高さ15㎜くらいです。
1個当たりの大きさがだいたい同じなら、このレシピの分量で12個分できます。

  • バター|90g
  • アーモンドプードル|65g
  • 米粉(ミズホチカラ)|35g
  • 卵白|100g(卵3個分です)
  • 砂糖(てんさい糖)|60g
    仕上がりをきれいにしたい方は、上白糖やグラニュー糖を使用してください。
  • はちみつ|20g
  • ベーキングパウダー|2g
みぃ

健康に気を使うなら、まずは調味料から!
ひみりか家で使っている調味料でーす

ひみりか家では ミズホチカラ使っています。
グルテンが気にならない方は小麦粉を使用してください。

ベーキングパウダーは、アルミニウムや第一リン酸カルシウムが使われていないものがおススメです。

砂糖は、比較的精製度合いが低く ミネラルやオリゴ糖も含まれている「てんさい糖」がオススメです。

created by Rinker
¥473 (2024/06/20 01:52:23時点 楽天市場調べ-詳細)

用意する道具

  • フィナンシェ型(12個分)
  • ボウル 大3中2小2くらい
  • 泡だて器
  • 漉し器
  • 計量器
  • 粉ふるい
  • ゴムベラ大1小1
  • 湯煎用の鍋

つくり方(フィナンシェ型12個分)

生地づくり

  1. アーモンドプードル65gと、米粉35gと、ベーキングパウダー2gを混ぜ、ざるや粉ふるい機で2~3回ふるう。
    アーモンドプードルだけで先に1回ふるうのがおススメです。
ふるう前    ふるった後
  1. バター90gを湯煎して溶かす。
  1. 湯煎したままの②に はちみつ20gを入れて ゴムベラでよく混ぜる。
  1. 卵3つ分の卵白をボウルに入れ100gくらいになるように調整する。
    ±5g以内にしてください。
  1. ④の卵白を泡だて器でまっすぐ動かして卵白のコシをほぐす。
    泡立ってしまいますが、なるべく泡を少な目にしてください。
  1. ⑤を濾し器や目の細かいザルで濾す。
  1. ⑥にてんさい糖60gを入れ、泡だて器で混ぜて溶かす。
    この工程も泡立ってしまいますが、なるべく泡を少な目にしてください。
混ぜる前    混ぜた後
  1. ⑦に①を3回に分けて入れ、その都度 泡だて器でよく混ぜる。
混ぜる前    混ぜた後
  1. ⑧に③を2~3回に分けて入れ、その都度 泡だて器でよく混ぜる。
    ③が熱すぎると卵白が固まってしまうので、少しずつ入れて固まっていないか確認してください。
    また、③が冷めてしまうと 焼いた時に油分と水分が分離してしまうので、冷ましすぎも注意です。
混ぜる前    混ぜた後
  1. ⑨をゴムベラで優しく大きく混ぜる。
  1. ⑩にサランラップを被せ、冷蔵庫で2時間以上寝かせる。
    この工程は省略しても大丈夫です。
    冷蔵庫で寝かせるのはプロでも意見が分かれるようです。
  1. フィナンシェの型に分量外の油を塗る。
    ひみりか家は米油を使います。
  1. ⑪を冷蔵庫から取り出し、柔らかくなったら、⑫の型へ流し込む。
    焼くと膨らむので、型より少し少な目に入れてください。

焼成

  1. オーブンを190℃で予熱し、余熱が完了したら13分~15分焼く。
    必ずオーブンの天板にのせて 中段で焼いてください。
    ひみりか家のオーブンでは、焼き時間13分30秒です。
    最後の5分間で一気に焼き色がつきますので、お好みの焼き色になるように 焼き時間を調整してください。
  1. 焼きあがったら、なるべく早く方から外す。
    つまようじを使うと便利です。
  1. ⑮に全体的にふわーっとサランラップをかぶせ、粗熱をとる。
  1. 十分冷めたら完成です。
    すぐに食べない場合は、サランラップでくるんで保湿してください。

失敗しないポイント

  • 卵白は必ず濾してください。材料が均一に混ざるようになります。
  • 卵白は泡立てすぎないでください。泡がたくさん入ると しっとり感が減ります。
  • 湯煎したバターと卵白を混ぜる時は、バターが熱すぎて卵白が固まらないか確認しながら 行ってください。逆に、冷ましすぎると 油分と水分の乳化が不十分になって、焼いた時に分離してしまうので、気温が低い時に冷たくなるのも注意してください。
  • 焼き時間の最後の5分間で一気に焼き色がつきます。お好みの焼き色にするために、最後の5分だけ オーブンの前で焼き加減を見ながら時間調整するのがおススメです。
スポンサーリンク

ひみりか家の「フィナンシェ」

焼いている時からバターの香ばしい香りが部屋中に広がるので、食べる前から超幸せな気分です。
でも、美味しいけど1個1個が小さいので、毎回取り合いになっちゃいます。
このレシピで作ると12個できますし、ひみりか家は家族4人なので 取り分は均等になるはずですが、なぜかみんな2個しか食べてないと言い張ります。

おすすめポイント

超しっとりでなめらか食感の本格フィナンシェ感

米粉やはちみつを使っているので、超しっとりで なめらかな食感になります。
洋菓子店の本格フィナンシェがおうちでできちゃいますし、焼きたての少しフワフワの状態を楽しむこともできます。

お店のフィナンシェって、小さいのに高いから 高級って感じだよね。

みぃ

そうだよねー
でも、おうちでも本格的なのが作れるし、全然安上がりだよ。

安くてお手軽なレシピなので たくさん作って食べられる

フィナンシェは小さくて高いので、お店で買って たくさん食べようと思うと、けっこうな金額になります。
なので、せっかくおうちで作るなら、安くて お手軽にできるレシピにしようと決めていました。
材料を最小限にしたり、焦がしバターを省いたりしたので、たくさん作って パクパク食べられちゃいます。

お店のフィナンシェは もったいなくてチビチビ食べちゃうよー

みぃ

その点、おうちで作れば遠慮なく1口でいけるよねー

いつも僕の分まで食べてる気がするから、その点は遠慮してほしいけど、、、

米粉使用でグルテンフリーなのに感動的な美味しさ

小麦粉の代わりに米粉を100%使用しているので、小麦アレルギーやグルテンの影響が心配な方でも 安心して食べられます。
しかも、小麦粉よりも しっとりモチモチの食感になるので、感動的な美味しさです。

米粉でさらにしっとり感が増してる感じだね。

みぃ

小麦粉はグルテンの影響は気になるから、不安がない分 こっちの方が断然いいかも!

工夫したこと

焦がしバターをあえて作らない

フィナンシェは焦がしバターを生地に混ぜるのが特徴の一つですが、焦がしバターを作ると レシピの難易度が上がります。
焦がしバターを作らなくても、焼けば バターの香ばしさで十分美味しいです。
それに、焦げは老化が進みやすくなるAGEs(終末糖化産物)が増えてしまいます。
なので、お手軽さと健康を優先して、焦がしバターを作らないレシピにしました。

焦がしバターがなくても、香りも味も十分だよねー

みぃ

なくても十分美味しいから、お手軽さ優先だよ。

生地が適温になるようなレシピにした

生地に使う卵白は約60℃で固まり始めるので、バターの温度が高すぎると固まってしまいます。
でも、バターの温度が低いと 油分と水分の乳化が不十分になります。
なので、卵白とバター混ぜるところだけ慎重に行えば、適温の生地になるようなレシピにしました。

焦がしバターがあると温度管理も難しくなりそうだね。

みぃ

そうそう、だから、無しにしちゃったんだよ。細かく管理しなくて済むから 失敗がかなり減るんだよ。

アーモンドプードルと米粉を最適な配合にした

アーモンドプードルと米粉の量をいろいろ変えて、アーモンドの風味やコクと、米粉のしっとりモチモチ感のいいとこ取りができる配合を目指しました。
好みが分かれるところですが、6:4から7;3くらいが1番美味しいと感じましたので、その間をとりました。

米粉のモチモチ感で いい感じのしっとり感になるよねー

みぃ

アーモンドと米粉は 相性がすごくいいかも。

ゼラチンで作る簡単プリン

フィナンシェは卵白を使うので、必ず卵黄が余ります。
このレシピだと卵3個分の卵黄が余りますので、ひみりか家では、毎回、この卵黄でプリンを作ります。
材料を混ぜてゼラチンで固めるだけですし、フィナンシェの生地を冷蔵庫で寝かしている間にできますので、おススメですよー

材料(4~5カップ)

  • 卵黄|3個分
  • 牛乳|400ml
  • 砂糖|45f
  • ゼラチン(粉末 or 顆粒)|5g
  • バニラエッセンス|適量

つくり方(4~5カップ)

  1. 鍋に牛乳400mlと砂糖45gを入れ、混ぜながら、ゼラチンを溶かす温度まで加熱する。
    ゼラチンを溶かす温度は 製品により異なりますので、必ず確認してください。
  2. ①にゼラチン5gを入れてよく混ぜる。
  3. ②を50℃くらいまで冷ます。
    熱いと卵黄が固まってしまいます。
  4. ボウルに卵黄3個を入れ、泡だて器でほぐす。
  5. ④に③とバニラエッセンス適量を入れ、泡だて器でよく混ぜる。
  6. ⑤を濾し器で濾す。
    目が細かいザルや茶漉しなどでもOKです。
  7. カップに均等に注ぎ入れる。
    プリン液は480gくらいですので、計量器で量って、均等に配分するのがおススメです。
  8. 冷蔵庫で3~4時間くらい冷やし、固まったら完成です。

なめらかプリンとは また違う美味しさだね。

みぃ

これと なめらかプリンを毎週交互でもいいくらいだよねー

「なめらかプリン」のレシピはこちらをご覧くださーい👇



今回は以上でーす。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
目次