旨味がたっぷり染みたホクホク感がたまらない「肉じゃが」 煮崩れせずに簡単にできます!

スポンサーリンク
目次

「肉じゃが」のレシピ

お肉と野菜の旨味がたっぷり染みたホクホク感がたまらない「肉じゃが」
煮崩れせずに簡単にできちゃいます!

「ひみりかレシピ」のコンセプト

建設エンジニアや調理師の知識・経験を活かして、構造物を設計するみたいに本気で考えたレシピです!

ひみりかレシピのコンセプト

➊美味しさ・健康・時短・出来栄えの調和を目指す
➋「全体工程表」で分量と手順がひと目でわかるようにする
➌加工食品や食品添加物入り調味料を なるべく使用しない
➍コツや注意する点を余すところなくお伝えする

材料(3~4人分)

具材

  • 豚こま切れ肉|300gくらい
  • じゃがいも|500gくらい(メークインがおススメ)
  • 玉ねぎ|1個(250gくらい)
  • にんじん|1本(250gくらい)
  • 白滝|1袋(180~200g)
  • 絹さや|10枚くらい(なくてもOK)
  • 生姜|20g
  • ごま油|大さじ2
  • 塩胡椒|少々(お肉の下味用)

煮汁

  • 酒|120ml
  • 砂糖|大さじ2
  • 白だし|大さじ2
  • 醤油|大さじ3
  • みりん|大さじ2
  • オイスターソース|大さじ1
みぃ

健康に気を使うなら、まずは調味料から!
ひみりか家で使っている調味料でーす

「圧搾製法」、「ごまの油を100%」、保存料・化学調味料などを使わない「添加物不使用」のものがオススメです。

原材料「大豆・小麦・塩」のみ、製法「本醸造」、大豆「丸大豆」、塩「天日塩」のものがオススメです。

原材料「米、米麹、焼酎」、製法「伝統製法」の「本みりん」がオススメです。

created by Rinker
¥1,122 (2024/06/19 05:58:40時点 楽天市場調べ-詳細)

保存料・化学調味料などを使わない「添加物不使用」のものがオススメです。

created by Rinker
¥425 (2024/06/19 21:02:58時点 楽天市場調べ-詳細)

つくり方(3~4人前)

準備

  1. じゃがいも(500gくらい)の皮をむき、6~8等分に切って、5分ほど水にさらす。
  1. 玉ねぎ1個を1㎝くらいの厚さでくし形に切る。
  1. にんじん1本を乱切りする。
    じゃがいもより小さくなるように切ってください。
    乱切りすることで表面積が大きくなり、味が染み込みやすくなります。
  1. 白滝(180~200g)を水洗いし、熱湯で2~3分ほど茹で、ザルにとって キッチンハサミで食べやすいサイズに切る。
    下処理することで アク抜きができるうえに、味がよく染みるようになり、食感も良くなります。
  1. 生姜(20g)を皮付きのまま千切りにする。
  1. 絹さや(8~10枚)のヘタと筋を取り除き、塩少々(お湯の1%くらい)を加えた熱湯で2分ほど茹で、斜め半分に切る。
    味や彩りのアクセントなので、急ぐ場合は省略してもOKです。
  1. 豚こま切れ肉(300gくらい)を大きめのひと口サイズに切り、塩胡椒で下味をつけておく。
  1. 煮汁を全部合わせておく。
    煮汁は、酒120ml、砂糖大さじ2、白だし大さじ2、みりん大さじ2、醤油大さじ3、オイスターソース大さじ1です。

煮込み

  1. フライパンに、ごま油大さじ2をひき、火をつける前に⑦の豚肉を広げて並べ、中火で軽く炒める。
    火を通しすぎるとお肉が固くなるので、赤い箇所が半分以上残っているくらいで次の工程へ進んでください。
  1. ⑨の肉の色が変わってきたら、⑤の生姜を加え、混ぜ合わせながら炒める。
  1. ⑩に、①のじゃがいも、②のたまねぎ、③のにんじん、④の白滝を加え、中火で3分くらい炒める。
  1. ⑪に、⑧の調味料を全部加え、蓋をして弱火で20分くらい煮込む。
    ときどき蓋を開けて、下の方の具と上の方の具を入れ替えてください。
  1. ⑫の火を止めたら、蓋をしたまま1時間くらい放置して冷ます。
    時間をかけてゆっくりと温度が下がることで味が染み込んでいくので、冷蔵庫には入れないでください。
    気温が低い時は途中で1度 火を入れてください。
  1. 食べる直前に⑬を温め、⑥の絹さやを散らしたら完成です。
スポンサーリンク

ひみりか家の「肉じゃが」

「肉じゃが」は なんとなく副菜のイメージでしたが、このレシピにしてからはメインのおかずになりました。
じゃがいも以外のお肉や野菜がたっぷり入っていますし、息子たちもガッツリ野菜を食べてくれるので、他のおかずよりもコスパが良いと思います。
メインにせずに 副菜でちょこっとつまむだけでは、絶対もったいないです。

おすすめポイント

お肉と野菜の旨味がたっぷり染みたホクホク感がたまらない

「肉じゃが」は短時間で作ると味があまり染みこんでいないことが多いです。
でも、このレシピなら、お肉と野菜の旨味がたっぷり染みて しっかりした味になりますし、ジャガイモのホクホク感も味わえます。
ご飯がパクパク進みますよー

長時間煮込んでないのに ちゃんと味が染みてるよねー

みぃ

でしょー うちの子たちも 肉じゃがの野菜は残さないもんね。

煮崩れせずに簡単にできる

「肉じゃが」は、長時間煮込むと煮崩れしやすくなり、やりすぎるとドロドロになりがちです。
味が良くても、食感が悪くなっちゃいます。
なので、短時間煮込んで味を染み込ませる方法で、簡単に美味しい「肉じゃが」ができるレシピにしました。

工夫すれば煮込み時間が長くなくても味が染み込むんだね。

みぃ

ドロドロになっちゃうと挽回不可能だもんね。

野菜たっぷりで栄養バランスが良いうえに 彩りも豊か

お肉の3倍くらい野菜を使っているので、栄養バランスが良くなっています。
そのうえ、赤や緑など、いろんな野菜の色も加わるので、彩りも豊かです。
これ1品だけで十分なおかずになりますよー

肉じゃがで食卓が華やかになるとは思わなかったよー

みぃ

やっぱりいろんな色を使うと美味しく見えるよねー

工夫したこと

ゆっくり温度を下げて味を染み込ませる

温度が高い方が味が染み込みやすいですが、具材が柔らかくなるのも早くなるので、高温で長時間煮込むと 味はよくても煮崩れしてしまいます。
なので、具材の固さを保ちながら味を染み込ませるには、高温から冷める時の時間を利用するのがよいです。
常温で放置してゆっくり冷ますことで、味はゆっくり染み込むけど、具材には火が入りすぎなくなるので、この工程は欠かせません。

ちゃんと科学の勉強したんだねー

みぃ

いちおうね! 原理はチンプンカンプンだけどね。

水を使わず お酒をたくさん使って煮込む

煮物を作る時、お酒を入れると旨味やコクが加わり、具材が柔らかくなります。
これは、水よりお酒の方が早く蒸発するので、水っぽくならずに煮詰めることができるからです。
今回は短時間で煮込みたかったので、水を使わずお酒をたっぷり使って、より仕上がりが美味しくなるようにしました。

お酒だけで煮込んだって聞くと美味しさ倍増だよ。

みぃ

お酒好きな人には キラーフレーズだよね~

煮崩れしないようにフライパンで煮込む

煮物は底の深いお鍋で作ることが多いと思います。
でも、肉じゃがのように柔らかい具材の料理で使うと、混ぜる時に煮崩れしちゃいます。
なので、具材の重なりを少なくして たくさん混ぜなくていいように、口の広いフライパンを使い、煮崩れ対策をしました。

フライパンの方が煮詰まり具合が見やすいねー

みぃ

そうそう、それもフライパンのメリットなんだよ。

肉じゃがスコップコロッケご飯

スコップコロッケとは、丸めて成形したり 揚げたりせずに、グラタン皿などに具材を入れて作るコロッケのことです。
肉じゃがが余ったときに、ご飯の上に 肉じゃがとチーズとパン粉をのっけて 焼くだけなので、簡単にできて 超おススメです。

作り方

  1. 肉じゃがのじゃがいもや お肉や にんじんなどの大きめの具を小さく切る。
  2. グラタン皿などの耐熱皿に白ご飯を入れ、その上に①をのせる。
  3. ②の上にチーズとパン粉をまぶし、少量の油をパン粉の上にかけて、トースターで焼き色をつけたら完成です。

見た目は凝ってそうな料理だねー

みぃ

でしょー
でも、単に肉じゃがをリメイクしただけなんだよ。

今回は以上でーす。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
目次