母から教えてもらった一生食べたい「チーズタルト」 100回以上作った ひみりか家の伝統スイーツです!

スポンサーリンク
目次

「チーズタルト」のレシピ

私が初めて作ったスイーツ母から教えてもらった 一生食べたい「チーズタルト」のレシピです。
100回以上 作っている ひみりか家の伝統スイーツですので、かなりの自信作です!

「ひみりかスイーツレシピ」のコンセプト

建設エンジニアや調理師の知識・経験を活かして、構造物を設計するみたいに本気で考えたレシピです!

ひみりかスイーツレシピのコンセプト

➊美味しさ・健康・時短・出来栄えの調和を目指す
➋小麦粉をなるべく使わず グルテンフリーを目指す
➌人工甘味料とトランス脂肪酸が含まれる食品を使用しない
➍コツや注意する点を余すところなくお伝えする

材料(底取式 21㎝の型)

土台

  • ビスケット|120gくらい
    マリー1箱がオススメです。
  • 無塩バター|60g
    無塩がオススメですが、有塩バターでもOKです。
  • 卵白|卵1個分

真ん中の層

  • クリームチーズ|200g
  • 砂糖(てんさい糖)|60g
    上白糖やグラニュー糖でもOKです。
  • 卵|1個 
  • 卵黄|卵1個分

上の層

  • 生クリーム|200ml
    「動物性」で乳脂肪分が35%以上のものを使ってください。
    トランス脂肪酸が含まれる「植物性」は避けましょう。
  • 砂糖(上白糖orグラニュー糖)|30g
    てんさい糖は色がつくので やや不向きです。
  • レモン汁|大さじ1
みぃ

無塩バターって高いよねー、、
菓子作りとか 需要が限られるし、塩が入ってなくて品質保持期限も短いからみたい。

コスパがいい有塩バターにしたくなるね。

みぃ

有塩バターは80gで食塩相当量は1.2gくらいだよ。
塩分が気になるし 味に影響するから、無塩バターにこだわりたいなー

砂糖は、比較的精製度合いが低く ミネラルやオリゴ糖も含まれている「てんさい糖」がオススメです。

created by Rinker
¥473 (2024/06/20 01:52:23時点 楽天市場調べ-詳細)

つくり方(底取式 21㎝の型)

今回使用した型です。

  1. 型(底取式 21㎝)の側面と底面に 油(分量外)を塗り、底面にクッキングシートを敷く。
  1. ビスケット(120gくらい)を フードプロセッサーで粉々にしてから ジップロックなどの密閉袋に入れる。
    麺棒などで叩いて粉々にしてもOKですが、できるだけ粉々にしてください。
  1. ②のビスケットを入れた袋に溶かしバター(60g)と、卵白(卵1個分)を入れ、よく揉んで混ぜ、なじんだら①の型に入れる。
  1. 型の底面と側面に、③のビスケットで囲いを作る。
    側面を少し厚めにし、スプーンやコップの底などで締め固めてください。
  1. オーブンを170℃で余熱し、余熱が完了したら、④を10分焼く。
    焼けたら粗熱をとってください。
焼いた後です
  1. 常温くらいに柔らかくしたクリームチーズ(200g)をボウルに入れ、砂糖(60g)を加えて、ハンドミキサーで混ぜる。
  1. ⑥に卵1個と卵黄(卵1個分)を入れ、ハンドミキサーで混ぜる。
  1. ⑦の卵&クリームチーズを ⑤のビスケット型に流し入れる。
  1. オーブンを160℃で余熱し、余熱が完了したら⑧を35分焼く。
  1. 焼けたら、常温で放置して冷ます。
    ビスケットが崩れやすいので、型を外さないでください。
    この時点で食べたくなると思いますが、グッとこらえてください(笑)
  1. 生クリーム(200ml)と砂糖(30g)をボウルに入れ、泡だて器かハンドミキサーで混ぜる。
    途中でレモン汁(大さじ1)を入れ、もったりするまで混ぜる。

生クリームの泡立ては、次のⅠ~Ⅲを行うと うまくいきやすいです。
Ⅰ 生クリームをよく冷やす
Ⅱ 開封前に軽く振る
Ⅲ 泡立て中にボウルを氷水に当てる

  1. ⑩の粗熱がとれたら、⑩の上に⑪の生クリームをのせて 表面を平らにする。
    表面をケーキへらで均すと 綺麗に仕上がります
  1. 冷蔵庫で2時間以上冷やした後、型から外したら完成です!
みぃ

ビスケットの型を作るのが1番の山場なんだよ。
でも、失敗しても美味しいから、案外テキトーなんだよね~

テキトーでいいなら 僕にも作れそう!

スポンサーリンク

ひみりか家のチーズタルト

ケーキの中で ショートケーキとチーズケーキがダントツで好きで、初見のケーキ屋さんでは たいていショートケーキを注文します。
ですが、チーズケーキを注文することは あまりありません。
だって、今までに このチーズタルトに勝るものに出会ったことが ほとんどないからです。
(おこがましくてゴメンナサイ💦)
それくらい このチーズタルトは自信作ですので、ぜひ 多くの人に試していただきたいです。

みぃ

生クリームに砂糖を入れて、その後レモン汁を加えて混ぜると
もったりするんだけど、その時の感覚がたまらないです~

おすすめポイント

さっぱり濃厚とサクサクほろほろの絶妙なハーモニーが同時に味わえる

サクサクほろほろのタルト台に 濃厚なベイクドチーズケーキをのせ、その上にさっぱりのレモン生クリームを重ねているので、人類最強レベルの美味しい組み合わせです。
口の中で一体となった時、とっても幸せな気分になれますよー

3層とも濃厚なのに、生クリームのレモン風味でさっぱり味だから、絶妙のハーモニーだよね。

みぃ

これを超える組み合わせには そうそう出会えないかも!

砂糖控えめでも十分美味しい

このレシピでも甘すぎることはないと思いますが、クリームチーズと生クリームに入れる砂糖を10~20gずつ減らしても 十分美味しいです。
ダイエット中のときは(いつもなのですが、、) 減らしています。
適当に、なんとなくで作っても、美味しくできるのが このチーズタルトの最大の良いところです。

みぃ

砂糖控えめなら ホールごと食べちゃおっかなー

焼いてる時点で絶対気付くから なんとしても阻止しないと!

意外とお手軽でコツいらず

3層もあるので手間がかかりそうですが、工程はそんなに多くないので、見た目のイメージよりもお手軽です。
しかも、泡立てや温度管理など、細かいコツがいらないので、失敗することはほぼないと思いますよー

生クリームの泡立てが 失敗の心配があるなー

みぃ

レモン汁が多めに入っているから、かなりテキトーでもちゃんと固まるよ。

工夫したこと

サクサク、なめらか濃厚、さっぱりが1番調和する分量を追究した

昔、母から教えてもらったレシピは そんなに細かくなかったので、自分なりに何回も試して追究して、私が1番美味しいと思う分量に調整しました。
タルト台のサクサクと、ベイクドチーズのなめらかな濃厚さと、レモンクリームのさっぱりが1番調和する自信作です!

ハレの日のスイーツはいつもこれだから わが家の看板メニューだよね。

みぃ

100回以上作ってるから これだけは何も見なくても作れるよ。

タルト台が簡単にできるようにした

タルト台は、ビスケットと溶かしバターだけだと ポロポロしてくるので 成形しにくいです。
しかも、焼いた後、しっかり冷やすまでの間も崩れやすいです。型から外す時に崩れることが何度もありました。
なので、卵白を混ぜて、しっかり固めて成形しやすく、焼いた後もちゃんと固まるようにしました。
余った卵黄はクリームチーズと混ぜるので、さらに濃厚になりますよー

クッキーは固めるようなつもりで 強めに押し付けるのがポイントなんだね。

みぃ

そうそう、締固めがあまいと崩れちゃうから、成形する工程は重要なんだよ。

クリームチーズを使ったレシピ

ニューヨークチーズケーキ

クリームチーズを使ったレシピでイチオシなのが、「ニューヨークチーズケーキ」です。
低温でじっくり湯煎焼きするので、しっとりなめらかな口当たりで、一口食べると 濃厚なコクと味わいがたまらないです。

このしっとり濃厚な食感がヤミツキなんだよねー

みぃ

見た目も綺麗にできるから 私もすごくお気に入りだよ。

スフレチーズケーキ

クリームチーズを使ったレシピで、ニューヨークチーズケーキとは違った食感で、1度食べたら絶対ハマるのが「スフレチーズケーキ」です。
冷やして食べることが多いチーズケーキですが、「スフレチーズケーキ」は焼き立てのふわふわシュワシュワがたまらないですよー 

焼き立てスイーツって贅沢な感じだよねー

みぃ

おうちで好きな時に味わえるのが 最大のメリットだよね。



今回は以上でーす。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
目次